ただいまブログを改装中。新しいコンテンツは2024年9月30日に公開予定です。

RPGのストーリーを面白くするには、キャラクターに脅威を!

RPGには、壮大な冒険が待ち受けています。

しかし、真に魅力的な冒険は、キャラクターが直面する脅威によって描かれます。

この記事では、RPGのストーリーをより面白く、魅力的にするために、キャラクターに脅威を与える重要性について探求します。

目次

RPGの裏の目的「キャラクターの生存」

RPGには『2つの目的』があります。

  • ストーリーの進行目的
  • キャラクターの生存目的

1つはストーリーの進行に関連し、プレイヤーにはコントロールできない要素で、ゲームの方向性を決めます。

もう1つはキャラクターの生存を確保する目的で、プレイヤーがコントロール可能であり、プレイヤーが行動を選択することでゲームが進行します。

例えば、ストーリーの進行目的は「世界の崩壊を防ぐ」「さらわれた姫を助ける」「魔王を倒す」など。

キャラクターの生存目的は「戦闘不能にならないようHPを保ち続ける」「強い敵に襲われても対抗できるようレベルアップする」など。

「ストーリーの進行目的」に関しては、プレイヤーがイベントやクエストをこなしていき世界の核心に迫り、最終的に「物語の解明」をしていくこと。

また、ストーリーを進めていき、操作キャラクターを成長させていく「キャラクターの成長過程」を楽しむも含まれます。

この記事では「キャラクターの生存目的」、つまり、キャラクターがゲームオーバーにならないようにするための目的について考えていきます。

ゲームを楽しむにはストーリーだけでは不十分

ストーリーの進行目的は重要ですが、それだけではゲームの楽しみが半減してしまいます。

例えば、ゲームの世界ではなくて現実世界を考えていきましょう。

私たちは趣味や仕事などで生活していますが、それらがなくても生きていけます。しかし、水や食料などの生存に必要なものがないと死んでしまいます。これは当然のことですね!

ゲームでも同様です。

キャラクターの生存を促す要素が重要です。例えば、キャラクターが瀕死状態などの脅威に直面し、それを乗り越えるためにアイテムを集めたり、スキルを磨いたりすることで、プレイヤーはゲームの楽しさや緊張感を味わうことができます。

キャラクターの危機、つまり「ゲームオーバー」がないと、ただストーリーを読むだけのゲームになってしまいます。

「わずかなHPで行けるかも?」が脳を興奮させる

ゲームプレイ中に経験する緊張感は、しばしばわずかなHPでの生存に関連しています。

思わぬ一撃、致命的なダメージを受ける可能性があると知りながらも、戦い続けるプレイヤーの心理状態には、何があるのでしょうか?

それは「不確実性」です。

次の戦闘が成功するか否かは、プレイヤーにとって常に不確実であり、「ギリギリの体力だけど、もしかしたら倒せるかも?」「村に戻って全回復する手間もあるし、頑張れば行けるのでは?」など、その不確実性こそがゲームプレイの魅力の一部となっています。

あなたは、ダンジョンの終盤に来たのに、ボス戦の手前のザコ敵にあっさりやられてしまう。そんな悔しい経験をした覚えはないでしょうか?

あのような感じで、想定もしなかったゲームオーバーがゲームを面白くします。

マップ移動の意味は「生き延びる手段を探す」ため

「ストーリーの進行目的」を進めていく上で、マップの移動が不可欠です。

ただし、マップ内を簡単に移動できてしまうと面白みが減ってしまいます。

そのため、プレイヤーが操作するキャラクターを脅かす脅威を用意する必要があります。この脅威を避けるため、プレイヤーは宝箱を探し、モンスターと戦ってレベルアップします。

つまり「ストーリーの進行目的」達成のために、小まめに「キャラクターの生存目的」をこなしているということになります。

キャラクターを脅かす驚異のアイデア

さて、「キャラクターの生存目的」が大事と言ってきましたが、では、どのような脅威を与えればいいかアイデアをリストアップします。

  • 敵の脅威(レベルアップ、成長アイテム、スキル取得、デバフなど)
  • リソースの不足(資源管理が必須になる、とくにサバイバル系は重要)
  • 状態異常(毒や麻痺など→できるだけ避けたいはず)
  • 環境の厳しさ(環境への適応)
  • 時間制限(イベント期限、寿命など)

まとめ

RPGはストーリーだけでは楽しみが半減してしまいます。

簡単に進めないようにキャラクーに脅威を与えることで、どうにか生き延びでストーリーの真相を探る楽しみが得られます。

ですが、ただ闇雲に脅威を入れて、なかなか進められないゲームになってしまっては本末転倒。バランスよく取り入れていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次